もどる  2015 2016 他のメンバー様の作品への感想

隙間脳トレ 2017年

 2017年度の隙間脳ミソトレーニングは、ものつくりにしていますが、他に毎月のメモリアルと感想を書こうと思います。
     1月 2月 3月 4月
 2017年1月
特に変わった出来事も無く、出かけることも無かった。しかし感想は書こう。
今年度から国民年金と厚生年金が合わせて年間6744円減額になるそうだ。
私たち年金生活老夫婦は、なるべくモノを買わない、大事に使う!を心がけよう。
失敗:雪の沢沿いへ行ったらアイゼンを入れ忘れて、予備の靴紐をシューズに巻き付けて無事に登れた。友人がありがたい。
しかし山頂で2000円で簡易アイゼンを買ったので、出費だった。出かける前に2回、3回と持ち物チェックしよう!
よかったこと:1月も元気で過ごせたし、ピアノも少しづつ弾いている。
出来事:アメリカ、トランプ大統領就任。 日本、1月中旬寒波で日本海側に大雪
         読んだ本
   三浦しをん 著 「舟を編む
辞書「大渡海」を編纂することを仕事にする青年まじめ氏と、
和食料理人かぐやちゃん夫婦のサラっと温かい関係がいいな。
私は辞書を見る目が変わった。
編纂された方の情熱やご苦労を感じている。
   清水健 著 「112日間のママ」
アナウンサーの妻が乳がんで出産後、抗がん剤も効き目無く
29歳で亡くなられた。現在男の子は2歳。
ガンの恐ろしさと家族の悲しみが伝わってくる。
いつ、何が起こるかわからないと思う。
2017年2月
いろんなことがありまして時が速かったです。
〇ママ友のYさんが、4年前娘さんの自立を機に九州の御主人の実家へ引っ越しました。1週間大阪に居るよとラインが来ました。
積もる話で時間が過ぎました。二世帯住宅で自分の時間も見つけて、ご自分の両親も近隣にお住まいで元気でした。
〇初めて「大阪市国民健康保険特定健診」なるものを受けました(無料)結果は異常なしでした、よかったーー          
出来事、日本:プレミアムフライデイ(毎月最終金曜日は午後3時に仕事を終わりましょう)が始まった。外国:北朝鮮の金正男氏殺害される。

読んだ本
   村上龍 著  「55歳からのハローライフ
5編読み切りです。
55歳前後の男女一人ずつが主人公で、出来事がきっかけでどう向き合い生きていくか
書かれています。さすがは村上氏、細やかな心理描写が上手いです。
5作品とも未来が開けそうな展開で終わっていてホっとしました。
私は5作目の「ガイドヘルパー」が好きです。
今月のフォト:長居植物園にて
 
         河津桜↑→
   
      梅
 
   ラクウショウと呼吸根
 2017年3月
〇お彼岸が過ぎても気温が下がったり、15度くらいになったりでストーブが活躍しました。
3月11日6年前、東日本大震災が起きました。いまでも5000人以上の方が行方不明だそうです。
この災害を忘れることなく、私も日々に感謝しながら暮らし、来るであろう災害に備えたいと思う。
〇ポリ袋で出来るパンを焼いてみた。テレビの料理番組で教えていただいた。
モチモチして美味しいですが、醗酵のとき温度が低かったようで膨らみが足りないようだ、3回目で蒸し器で保温した。
 ぬるま湯、砂糖、塩、サラダ油をボールで混ぜた。
強力粉300gってものすごく多いな。
ビニール袋に両方入れてもみもみした。ていねに15分位、滑らかになるまで。50分間暖かい蒸し器に入れた。
 形作る。今回は無塩せきソーセージ入とこしあん入りと、焼きのり、チリメンジャコ、ネギを乗せたのを作ろう。
成形は慣れてきて楽しい。
溶き卵も表面に塗ったよ。
成形してる最中にオーブンを200度に余熱した。余熱に時間がかかる。
オーブンシートを敷いて並べて
10分焼いた。
ふっくらしてる(^^♪
試食して美味しい。
チリメンジャコのは
パラパラ落ちて食べにくい。
 
出来事:27日栃木県のスキー場で雪崩が発生して、高校生7名と教師1名が亡くなられた。

             
読んだ本

 田部井淳子 著  「人生は8合目からがおもしろい」
登山家、1939年福島県生まれ。
普通のおばさんが書かれたようにさり気なくて良かった。
山登り以外にも、54歳で自動車免許取得、シャンソン歌ったり、58歳で九州大学大学院に入学、
65歳でピアノを弾き始める、など実行されてる。
もちろんマネは出来ませんが、垣根を取っ払って人と話しをしよう。人とのつながりを大事にしようと思いました。
  辻村深月 著  「ツナグ」
娘が置いて行った家に有った本。
あり得ない不思議なストーリーですが、もしこんなことが起きたらどうするかな?と考えた。
「亡くなった人に、一人だけですが会いたいですか?」
こんな問いかけから始まります。死者に会った4人は会えてわだかまりがとれてよかったなと思いました。
ものつくり
   パッチワークを作ります。
「鯉のぼり」を2枚です。
材料が手に入って載せています。
家事と仕事と趣味の間に入り込ませて、
ゆるーく実行していきます。制作過程を楽しみます。
 2017年4月
4月半ばでも昼間寒い日が続いて遅れながら桜も満開になった。
夫と八幡市背割堤の桜並木を見に行った。まだ蕾だったが迫力ある堤防の桜が咲くと圧巻でしょう。
娘二人からホームベーカリーをプレゼントだ。早速食パンを焼いて翌朝食べたら、モチっとしてとても美味しい。
ジャムやバターなど何も付けなくても風味がある。粉類をセットして4時間半で焼きあがる。焼きあがるとすぐ取り出すこと。
 
                                 ものつくり
                                        4月1日から着手した。

 
 
 
接着芯に鯉のぼりと菖蒲の生地を
仮止めボンドで固定して包む。重なりに注意する。 
ちりめんの生地は端がほどけやすくて注意。
子供の顔は全体が出来上がってから差し込む
4月15日 各パーツをキルトして台布を綿と裏地の3枚にしつけかける
3枚に落としキルトをする。仕上がりが近い。
でこちゃんに何度も教えていただく。
ありがとうございます。
4月22日完成★ 
ラメの入った糸で周りに飾りキルト。
風が吹いてる感じになるように。
柏餅とちまきも添えます。
次!もう一枚。
                                  読んだ本
   納棺夫日記  青木新門 著

映画「おくりびと」のモデルになった作品。
青木氏が様々な仕事に取り組まれたあと、偶然葬儀会社に就職されて納棺夫になられた。
仕事は忌み嫌う人も多い世の中でも、感謝されることが多い。独学で宗教など勉強されて
独特の宗教観が書かれている。親鸞、宮沢賢治、正岡子規などの影響を受けられたように思う。
私には難しかったが、新鮮な分野で心に残った。
出来事
                   4月10日 フィギアスケート浅田真央選手が現役引退
inserted by FC2 system