もどる 2015

2016年  ほがらかに
日々の出来事や考えたことなど書いて行きます。よろしくお願いします。
1月 3月 5月 8月  9月

2016.9.7(水曜) 
 本薬師寺跡(もとやくしじあと)ホテイアオイ
夕刊に記事が載っていまして。9月中旬まで見ごろだそうですから、午後から見学に行きました。
近鉄電車橿原神宮前駅で橿原線に乗り換えて、1駅目の畝傍御陵前で下車、徒歩10分ほどです。 
南米原産の繁殖力の高い花で、別名はウォーターヒヤシンスといいます。
水草の1種で水面に浮かび紫色の花を咲かせます。朝につぼみが太陽の日照に合わせて開花し、夜になると萎んで翌日の朝に新しい蕾が花開きます。
一度開花した花は毎日入れ替わるので花は大変色鮮やかです。朝開花した花は夕方に萎んでしまうので、日照により次の日にはさっぱり咲いていないこともあるようです。
本薬師寺跡周囲にある1.4ヘクタールの水田には、毎年7月初旬に約14,000株が植えつけられ、最盛期には約400,000株の美しい紫色の花が水田一面に広がります。  ヤフーよりいただきました。
 
   
すごい!いっぱい咲いています。平日でもカメラマン多く来られています。私も写そうーー。
 背景には畝傍山がそびえて、左側の田んぼには稲が実っています。あちこちのあぜ道を歩いて写真を写します。

   


一株だけ白いです。

 
一角にはキバナコスモスが咲いて、オレンジ色の蝶と同化しています。蓮の花も咲いて向うにホテイアオイです。 アップです。美しい・・・

   
水たまりもあって見た眼は涼しそうですが、実際は風がなくて蒸し暑かったです。 
道中には目立ったものが無くて、駅と田んぼの往復でした!(^^)!
 
 2016.8.30 8月の出来事
 8月28日(日曜) 奈良市元興寺(がんごうじ)
猿沢池の南方、昔の町並の面影をとどめる「ならまち」の一角に、元興寺の極楽坊があります。
元興寺は、蘇我馬子が飛鳥の地に建てたわが国最古の寺院、法興寺(飛鳥寺)を平城京に移したものです.
古くからの建物は極楽坊の本堂と禅室だけになりました。
屋根の一部に飛鳥法興寺から移されたとみられる瓦が用いられていて、今はごくわずかな行基葺の例をみることができます
平成10年(1998)12月、ユネスコの世界文化遺産「古都奈良の文化財」のひとつとして登録された。
これからは、萩、ヒガンバナも咲くそうです。
 
 
屋根瓦の見学は、高さ3.8mに組まれた足場に上がります。500円要りますので、私は止めました。9月17日までです。
上がらなくても、飛鳥時代の美しい瓦を遠目で観るとこができます。
 
元興寺の境内には水島石根作の5躯の鬼が存在し、これらの鬼を見つけるのもおもしろいです。ネット検索より 
 
 
http://www.d1.dion.ne.jp/~mthouse/page1681.htm 行基葺(ぎょうきぶき) はこのサイトに書かれています。

 
 2016.5.31 5月の出来事
4月から5月はいつもより時の速さを感じました。
 
         
孫が産まれて日ごとに成長いています。よく泣きますが、夫が抱っこしますと泣き止みます、不思議だな・・「育児ジー」にぴったりです(*'▽')
夫が子守唄などの曲をかけますが、ベビーはラテン音楽をかけますと眠ります。“ティコティコ”や“ブラジル”がお気に入りのようです♪
     
 母の日に頂きました。  南高梅を漬けて「梅シロップを作ろう!」 
川柳も載せてみました。
置き去りでも 父をかばうか  気丈な子
孫帰り  バーバにくれた  腱鞘炎
この季節 うめーシロップ 作りましょう
LINE好き  スタンプや文  簡単よ
使います  これも脳トレ 左手を

噛む歩く  話す愛する  海馬増え
 
 2016.3.25 A quarter of one year 
2016年も4分の1が過ぎようとしています。
暖冬と言われながらも結構寒い日もありました。
1月はお寺巡りと自宅の片づけでした、2月は子供たち二人の用事で動きました、3月は毎週末ごとに子供たちが帰省して賑やかでした。
最近、親戚に急な用事で出かけました。
主人は毎朝公園のゴミ拾いや雑草を刈っていすが、今朝、袋にいれたスコップ、コテ、ハサミを取られたそうです。
5分ほど目を離したスキでした。落ちこんでいます。何が起こるかわからない!怒涛の3月が進行中です。
でも、私は食べることだけは真剣です、趣味もしっかり行いました。
 
     
 餅グラタン
味つけは塩、コショウ、スキムキルク、小麦粉
パン粉、粉チーズです。
野菜はいろいろ、長芋も入れて
しゃぶ餅もちぎって混ぜました。トロトロです。
鯛とアサリの白ワイン蒸し
砂出しアサリと鯛切り身、野菜を
煮込みました。
 
おうち焼肉 
新しいホットプレート買いましたので
試運転です。
たれは、テレビで観ました、はるみさんの
をマネして作りました。

   
イカナゴ煮物 
今年は高値が続いています。1キロ1980円もしましたが、やっぱり1度は炊きます。
レシピ通りの分量では汁が多そうで、酒、みりん、しょう油の量を減らしてよかったです。

   
春が間近です。ユキヤナギにモンシロチョウが、同化してます、見えますか。どうかな?? 
桜も一部咲いています。
 
 2016.1.31 部屋の片づけ
去年2015年12月から、少しづつ不用品の処分と、部屋の模様替えを始めました。
狭い集合住宅に2年前まで4人で住んでいて、子供たちが自立して今は住人二人ですのに、物が減っていません。
私の今までのアルバムと写真、本、書類、着ない着物と服を処分しました。子供たちが置いて行ったものも確認して処分しましょう。
少しづつ、些細な片づけですが載せて行きます。
 
 
 2015.12.26
ロフトベッドの上は物置になってます。
下の机には雑然とモノが溢れています。
左横にはハシゴもかかっています。
写っていませんが、手前に私のベッドがあります。
2016.1.10
夫がベッドを解体処分してくれました。
上が無くなって明るくて頭上がスッキリしました
机の上と机の下はゴチャゴチャです。
右に巾30㎝の空間があってどうするか・・ 
2016.1.30
右横のデッドスペースに入るスリム棚を買いました。
こうして入れない空間も好きです♪
机の上のゴチャゴチャも処分して、広いわ!
196㎝×74㎝あります。
 
←机の左は洋服掛けですが
ホコリよけに布をかぶせています。
お気に入りのカレンダーも。
机の下にもシーズン以外の服などと
扇風機を置く。→
 
 2016.1.19~20 紀伊勝浦と青岸渡寺
三十三ヶ所お詣りでは最も遠いお寺へ、特急電車で行くことにしました。
19日 紀伊勝浦着11:30、熊野交通定期観光バスで大門坂→那智の滝→青岸渡寺→紀伊勝浦駅をお願いしました。
ホテル浦島泊
 
 
特急電車で3時間半で紀伊勝浦駅到着。
意外に簡素な普通の駅なんだ(笑)

    
ずーっと歩いてみたいな。 
バスの時間まで駅前を散策します。勝浦湾は静かな漁港で、今夜のお宿はあの山の上です、船で移動します。
13:30 熊野古道の入口の「大門坂」で下りて、15分ほど熊野古道入口を散策します。 石畳と高い杉の木が迎えてくれます。
ここから那智大滝へ徒歩約2時間半ですが、今日はバスに乗って那智の滝へ向かいます。

     
 ハハハ、わずか6分で那智の滝に着きました。石段で繋がった先には満々と流れ落ちる雄姿!素晴らしい、虹も出てます。高さ133mだそうです。
日本3大瀑は、華厳の滝(栃木県)、那智の滝(和歌山県),袋田の滝(茨城県)と言われていますが、袋田の滝には異論があるそうです。

     
 15分後には、那智山青岸渡寺に到着です。厳かな佇まいの本堂。 西国第一番札所で御朱印頂きます。 
山門には仁王像と狛犬が背中合わせにおられます。
明治初期の神仏分離まではお隣の熊野那智大社と一緒に神仏習合の修験道場だった様子がうかがえます。

   
 広い境内から三重塔と那智の滝が一望出来ます、朱の塔と名瀑が一度に見られる絶景です!三重塔は中を見学出来ます。
曇ってきて午後3時ごろから小雪が舞って吹雪状態です。バスで紀伊勝浦駅まで戻ります。

     
紀伊勝浦駅から徒歩10分ほどで船着き場で、こんなかわいい船でホテル浦島まで運んでいただきます。乗船は5~6分ほどです。
山上館に泊まりたかったのです。本館からエスカレーターで約4分45秒で、35階へ移動します。ちなみにエレベーターもあります。
お部屋から勝浦湾が見えて東向き☆彡朝日が観えるんだ☆
夕食までに本館1階の温泉2ヶ所に入ります。温度はぬるめですからよく暖まります♨移動中が寒いです((+_+))
本館の1階へは、エレベーターで下りてこのようは廊下、100mほどあるかな?タッタッタと歩いて移動です、いい運動ですわ(笑) 

       
夕食は33階レストランです~海の幸が次々登場です。マグロのしゃぶしゃぶとロブスターあたりで満腹です。
天ぷらは主人の担当、茶碗蒸し☆南高梅だけ入っていて、スルっと入って絶品です。ご飯のあとにイチゴとメロンは撮り忘れです。 
主人は肉料理が無くて物足りないな・・ですって。私はこれほども頂けて充分満足でした。
夜中に1階にあります洞窟温泉「忘帰洞」(ぼうきどう)、これが楽しみでした!へ入り、温まります。そしてもう一つの温泉へも。
明日の朝も入りますヨーー。

1月20日です。
     
6:20 35階窓から朝日が昇る前です。   忘帰洞へgoーー、 写真が撮れませんので絵に描きました。風が強くて寒いので、じっくり浸かります
  7:03 部屋の窓から昇る朝日が見えて!なんとも美しいです。

     
朝食はバイキングです。洋食、和食好きな方を頂きました。御馳走様です。 

帰りは特急電車が紀伊勝浦駅で、強風のため40分ほど遅れてましたが、お天気に恵まれて
1番札所もお詣り出来ました。浦島さん、ありがとうございます。
上げ膳据え膳で幸せでした、お父さん、ありがとう。元気に歩けて食べて、感謝の旅でした。
ホテル浦島が立っている土地は海底が隆起してできた岬です。高さ15メートルの天然洞窟だそうです。
36階建てのホテルをよくまあ、建てられたと感心しました。
平日で空いていまし、いつかまた子供たちと一緒に来たいです。 
 
 
 2016.0101 元旦
いつものように6時前に目覚めました。新しい年の始まりもいつもと同じように起きて動けることに感謝しています。
晴れていますので初日の出を観ます、お手軽に集合住宅の最上階からです。
お詣りは毎年行っています山坂神社へ徒歩です。
 

山坂神社は午後には参道に行列が出来ます、朝早かったので静かです。その後法楽寺を訪ねました。
「たなべのお不動さん」と親しまれています。
去年、谷汲山華厳寺で調べましたハート型の「いのめ」文様を見つけて、うれしかったなあ~。散歩2時間でした。
::::::::::

お節料理は皆が集まって食べるのは1日夕方です。
仕事が28日までありましたので29日に買い出し、黒豆を水に浸ける。数の子も塩抜きを3回繰り返す。
30日、コンニャク以外のお煮しめを作って冷凍保存。黒豆煮て味つけ。ピクルスを漬けこむ。
31日、ブリのタレを作って漬けこむ。黒豆の再味付け。刻み大根漬けの作る。
1月1日、肉巻き、ブリ照り焼き、田作り、岩石卵を作る。
今年も高密度ポリエチレン袋が活躍でした。これは時短になって有り難いです。

夕方には、上の子と彼、下の子夫婦が来てくれて初めて我が家で6人が顔を合わせました。
今年は家族が増えて嬉しいです。
若い4人は味わってよく食べてくれて感謝。男性3人はアルコールが進みました。10時ごろお開きでした。
岩石卵は固ゆでの時間が足りなかったので一部、崩れましたので次回はしっかり茹でたいです。
今年も頑張ってお節料理を作り、家族が食べました(*'▽')感謝します。
inserted by FC2 system